品種ページテンプレート

提供:いちじくwiki
2022年12月30日 (金) 15:04時点におけるあふたん (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

テンプレ

右側に表示される基礎情報は管理人が用意しますので、以下の本文のみコピペ・修正して投稿ください。

品種のページ名は英名で作成してください(間違いがあってもあとから変更が可能です)。

'''桝井ドーフィン'''(ますいどーふぃん)は、果皮は赤褐色〜紫茶色、果肉はピンク〜赤の大きな実をつける品種。

== 概要 ==
桝井ドーフィンは夏秋兼用種で、夏果は最大200g以上、秋果でも最大100g以上と大きい実をつける品種。日本では、「普通のイチジク」と称され、国内流通のイチジクの約8割を占めている。日本の青果業のサン・フルーツによると、

<blockquote>
1909年(明治42年)に広島の桝井氏がアメリカから日本に持ち帰った品種で、樹が管理しやすい上に収量が多い品種で、いちじくの中では果実の皮が硬めなので輸送性にも優れているという利点が多く、日本の市場の約8割を占めるようになった代表的ないちじくです。

甘みが多く豊産性の夏秋兼用種で、暖地向きで実が大きい品種です。過湿と寒さに弱いので、暖かい場所で管理してください。路地での収穫期は8月上旬と8月中旬~10月末ですが、ハウスでの栽培が盛んなため春から晩秋まで出回っています。
</blockquote>

とある<ref>[http://www.sunfruits.co.jp/gallery/item/?f=fi0001 桝井ドーフィン]</ref>ように、市場流通している桝井ドーフィンは輸送の都合上、傷みにくいように早採りをしているため、糖度・風味ともにサッパリしている(=味が薄い)。しかし家庭菜園で完熟までもっていくと、お店では買えない味を楽しめる。

== 日本での栽培 ==
=== 入手 ===
桝井ドーフィンは園芸店やホームセンター・園芸関連のネット通販で比較的購入しやすい品種です。

=== 参考動画 ===
<youtube>p964XGp3eXs</youtube>

== 外部リンク ==
<references />

新規ページ作成

ユーザー登録をしてログインをすると、各ページの右上や、各セクションの右肩に[編集]という文字列が表示されます。そこを選択すると編集画面が表示されます。

ページの新規作成は、主に以下の2つの方法ですることができます。wikiはあとから誰でも修正することが容易です。失敗をおそれずに、まずは気軽に使用してみてください!

編集時には、いきなり「ページを保存」を押さずに「プレビューを表示」を利用して見た目を確認することをおすすめします。

ウィキリンクから

あなた (または他の誰か) が、まだ存在しない記事へのリンクを作成すると、そのリンクはこのように赤くなります。その赤いリンクをクリックすると、新しい記事の編集ページに遷移します。

何かテキストを入力して保存をクリックすると、新しいページが作成されます。ページがひとたび作成されると、リンクはから、記事が存在することを示す (訪問済みの場合は) に変化します。

検索ボックスから

右上にある検索ボックスからページ名を検索し、検索したページが存在しない場合は、ページを新規作成するためのリンクが表示されます。